株式会社B-plusロゴ

“肌が薄い”人の特徴!改善の余地はあるのか?

HOME > “肌が薄い”人の特徴!改善の余地はあるのか?

“肌が薄い”人の特徴!改善の余地はあるのか?

美容マニアのたかなし亜妖です。よく“肌が薄い”という言葉を耳にしますが、自分が厚いのか薄いのかハッキリと理解していない人も多いもの。肌が薄いとどんな影響があるのか?また改善は可能何か?について解説していきますよ。

 

肌が薄い人の特徴はどんなもの?

サロンへ行って「お肌薄いですね」と言われたことがある人も多いかと思います。この時「薄いってどういうこと?」と思ってしまいますが、“薄い”に該当する代表的な特徴は以下の5つ。

 

  • 毛細血管が透けて見えている(青紫や青色の血管が顔に浮き出ている)
  • 乾燥しやすい
  • たるみやシワが気になりやすい
  • 顔が赤くなりやすい、赤みが引きづらい
  • ニキビ跡が長期的に残る

 

これらに複数当てはまるのなら、あなたは肌が薄いということ!元々色が白くきめ細やかな方は生まれつき肌が薄い傾向にあります。後天的な理由でなってしまっている場合、原因の多くが過剰なピーリングやスキンケア不足、摩擦によるものだそうですよ。

 

肌を厚くすることできるのか?

薄いものを厚く変化させることはかなり難しいので、上手に付き合っていきながらスキンケアを行って下さい。確かに薄い肌はデメリットが多いのですが、透き通るような白肌できめも細かいため見た目としては良いものです。毛穴の開きも目立ちづらいですから、一概に厚い肌だけが良い!とも言い切れないんですよ。

肌の薄い人は刺激の強いケアをとにかく避けましょう。スクラブやピーリングなど角質を剥がすような行為は頻繁に行わないことです。赤くなりやすい分摩擦にも弱く、跡に残ってしまう可能性が高いので、ゴシゴシと擦るのも控えて欲しいもの。シワやたるみも引き起こしてしまいます。

 

保湿は常にたっぷりと、紫外線対策もできればパーフェクトですね。肌の負担になることを徹底的に避ければ、これ以上薄くなってしまうのを防ぐ効果もあります。

TOP