株式会社B-plusロゴ

自宅で行うホワイトニングでどこまで歯は白くなる?

HOME > 自宅で行うホワイトニングでどこまで歯は白くなる?

自宅で行うホワイトニングでどこまで歯は白くなる?

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。歯が白いと清潔感のある印象になり、笑顔に自身も持てますよね。最近では歯を白くする歯磨き粉や自宅で簡単にケアできる用品も多数発売されており、白い歯に対する意識もどんどん上がっています。

自宅で行うホワイトニングで歯はどこまで白くなるのでしょうか?なるべくお金をかけたくない方、クリニックへ通う時間がない方は必見です♪

 

自宅で行うホワイトニングの種類

まず代表的なものが「ホームホワイトニング」と呼ばれるもの。専用のマウスピースにジェルを乗せて歯にかぶせる方法です。マウスピースを作成する手間とジェルを処方してもらう必要がありますが、クリニックへ行かずともケアができるのも魅力的ですよね。

更に安く抑えるなら白くなる歯磨き粉や、ポリリン酸の配合された「歯の消しゴム」のようなスポンジ、簡易的なLEDライトを用いたホワイトニングキットがあります。

 

白さの限界

やはりクリニックで行うホワイトニングに比べるとどれも効果が薄く、長期的な目で見なくてはなりません。特に白くなる歯磨き粉などの市販品は「ある程度」のところまでしか白くなりません。漂白効果が薄いからです。どんなに頑張っても本来持つ歯の白さくらいにまでしかならないので、真っ白を目指す方には不向きです。

 

ホームホワイトニングですが、こちらは医療機関で処方されているものですから効果は高いです。しかしクリニックで行うときと比べるとジェルの濃度が薄いため(高い濃度のものは個人で扱えない)、時間がかかってしまうのだとか。

 

タバコのヤニや黄ばみなどを本格的に落としたい方はクリニックをおすすめしますが、真っ白を目指していない限りは自宅ケアで良いかもしれません。お財布や期間と相談しながら決めていきましょう。

TOP
×