株式会社B-plusロゴ

自爪を削らないネイル、パラジェルの良さとは?

HOME > 自爪を削らないネイル、パラジェルの良さとは?

自爪を削らないネイル、パラジェルの良さとは?

皆さんこんにちは!美容マニアのたかなし亜妖です。

ネイルは現在ジェルネイルが主流ですが、その中でも「パラジェル」を聞いたことがありますか?爪に優しいジェルで、導入しているサロンも大幅に増えました。

パラジェルならネイルをする上の悩み、爪が薄くなってしまうことも解消されるはず。爪が傷んでしまっている方は、ぜひ切り替えてみてはいかがでしょうか?

 

パラジェルとは?

一般的なソフトジェル、ハードジェルは爪を削って傷つけた上にのせていきますよね。オフする時にしみる、熱いといった感覚を覚えることもあるでしょう。ガリガリと削っていってしまうため、ネイルを繰り返すほど自爪が薄くなってしまいます。

自爪が薄くなる→ネイルをしないと折れてしまう・痛いといった負のループに陥ってしまいがち。健康な状態に戻るまでは、お湯さえもしみるレベルに傷んでいることもあります。

 

パラジェルは自爪を削らずにオフ、施術が可能なのです。そして爪に優しいからといって、モチが悪いなんてことはありません!ストーンなども乗せられますし、ソフト・ハードジェルと変わらずにネイルを楽しむことができますよ。

 

ソフト・ハードジェル、スカルプから乗り換える場合は要注意

これを読んでパラジェルをやってみたい!と思う方もいるでしょう。しかし今までソフト・ハードジェルやスカルプチュアを付けていた方は、注意が必要です。

 

何故かと言いますと、パラジェルは傷ついていない状態の爪に乗せるため、ダメージを受けた爪に対してはモチが悪くなることも。すぐに浮いてしまったり、オフがしづらくなるケースも多々みられるようです。

もちろん健康な状態を取り戻せば問題はありませんが、連続してネイルをしている場合は、初回~3回目くらいまでは少々浮きやすくなってしまうかもしれません。

 

また料金にも差があり、パラジェルは全体的に料金が高くなりがちです。パラジェル取り扱いサロンでも+2000円~の上乗せが発生したり、専門サロンの価格はは基本的に一万円前後です。

ハードジェルやソフトジェルだともう少し安く施術を受けられるので、持ち出しが多くなってしまう点はデメリットですね。

 

ですが傷んだ爪を完全に治すには、多大な時間がかかります。私もずっとスカルプやハードジェルをしていて、健康な自爪に戻るのに一年以上かかりました( ;∀;)

早いうちにパラジェルへ乗り換えると、ダメージが軽減されるのでおすすめですよ。

TOP