株式会社B-plusロゴ

花粉で顔がかゆい!対策と荒れてしまった時の対処法

HOME > 花粉で顔がかゆい!対策と荒れてしまった時の対処法

花粉で顔がかゆい!対策と荒れてしまった時の対処法

美容マニアのたかなし亜妖です。真冬と言えど、油断できない花粉症。スギ花粉は年末あたりから飛散しており、中には年明けからアレルギー反応が出ている人もいるでしょう。2月に差し掛かると目や顔がかゆい、鼻がムズムズする、上顎がヒリヒリするなどの不快な症状が出やすいもの。

特に肌が荒れてしまい、かゆみを覚えたり、ピリつきがあるなんてことも。上手に花粉と付き合っていくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

花粉で顔がかゆい時は

花粉によって肌の不快感を覚える場合は「花粉症皮膚炎」に該当します。アレルギーによって肌のバリア機能が著しく低下してしまい、かゆみやピリつき、酷い場合には皮むけといった症状がおこってしまうのです。

いくらかゆいからといって、かきむしってしまうのは絶対にNG。元々バリア機能が下がっているところに刺激を加えれば、状態は悪化するだけです。耐えられない時はかぶれ専用のクリームを塗る、顔を洗うなどの対処をしましょう。乾燥肌の方は特に花粉のダメージを受けやすいので、注意が必要です。肌のうるおいバランスがとれているとアレルギーに負けづらいので、日ごろの保湿やスキンケアをしっかりと行って下さいね。

他にも花粉と肌を直接触れ合わせないためにも、マスクは必須。そして乾燥を防ぎたいので、パウダーファンデを厚めに塗る行為は控えたいものです。できればクッションファンデなど、水分量の多いタイプに変えるなどして対策を!

 

荒れてしまった時はどうする?

花粉のせいでブツブツができたなど、荒れてしまった時はメイクをなるべくしないことが大切です。肌に何かを塗る・落とす行為がより刺激になるため、これではなかなか治りません。どうしてもメイクをしなくてはならない時は、敏感肌用やお湯で落とせるタイプのアイテムに切り替えてください。

保湿をしっかりするだけでなく、荒れ方が酷い場合は皮膚科の受信を。市販薬では効かないケースもあるので、専用の軟膏を処方してもらうと安心ですよ。

TOP