株式会社B-plusロゴ

食べ過ぎて胃が重い!不快感が強い場合の対処法について

HOME > 食べ過ぎて胃が重い!不快感が強い場合の対処法について

食べ過ぎて胃が重い!不快感が強い場合の対処法について

美容マニアのたかなし亜妖です。前日食べ過ぎにより、朝目覚めた時胃が重い経験をしたことはありませんか?暴飲暴食をしてしまった事実は変えられないため、大切なのはアフターケアです。実は極端に食事を減らす、ただ寝ているだけではNG。適切な対処法を知って胃腸をいたわってあげましょう。

 

食べられるキャパシティーは人によって違う

当たり前のことを言うようですが、人によって食べられる量は大きく異なりますよね。小食な人、たくさん食べる人、脂っこいものが受け付けない体質の人、いくら食べても胃もたれしづらい人……。本当に様々なんです。

 

もし胃が重たくなった場合は無理に食べる必要はありません。全く食欲がないのなら1食、2食程度抜いても構わないでしょう。胃が軽くなるのを待ち、その間は水分のみで過ごします。時間が経つにつれて消化されてくるので、徐々に食欲が増してくるはずですよ。

 

けれども胃が重たくてもお腹が空いている時は悩ましいですよね。これ以上食べてはならないような、でも食欲が湧いて落ち着かないような不思議な気持ちになるかもしれません。こんな時は無理に我慢せず、何かを口に入れると◎食事内容にさえ気を付け、少し量を減らせばそこまで大きな負担にはならないのでご安心を。

ただし肉類や揚げ物、生野菜や消化しづらい食材は避け、できればお粥や雑炊、味噌汁、スープ類などがベスト。きっと胃が疲れている時は少量で満腹感を覚えるはずなので、いつも食べている量から引き算をすると良いですよ。

 

胃もたれをしている時の対処法

胃が重いからといってずっと横になっているのはNGです。眠りっぱなしやゴロゴロしているとむくみの原因となり、運動量も下がるので消化機能が鈍くなる恐れもあります。激しい運動こそ控えた方が良いものの、全く動かないのはやめましょう。

もし「食べ過ぎた!」と思ったら、食後1~2時間後以降に軽いストレッチや消化促進のためにヨガをするのもおすすめ。翌朝の胃の重さがずいぶんと変わってきます。あまりに辛い場合は胃腸薬を服用するのもいいでしょう。

 

症状が起きてしまってからではなく、事前に予防することも大切です。自粛生活が続くとつい食べてしまうタイプの人は十分に気を付け、胃に優しい生活を送ってくださいね。

TOP