株式会社B-plusロゴ

骨盤が開くと何が起きる?歪みの原因と対策方法を知ろう①

HOME > 骨盤が開くと何が起きる?歪みの原因と対策方法を知ろう①

骨盤が開くと何が起きる?歪みの原因と対策方法を知ろう①

美容マニアのたかなし亜妖です。整体などで「骨盤が開いていますね」と言われた経験はありませんか?実際に開いていても違和感を覚えることがないので、そのまま放置してしまうケースも多いんです。けれども実感がないうちに歪みは酷くなり、気づくと様々な体の不調が起きているかもしれません。

本来あるべき正しい場所に骨盤を戻し、フラットなボディメイキングを目指していきましょう。

 

骨盤が開く原因について

骨盤が開く一番の理由は筋力不足です。常日頃から座りっぱなしの生活、運動を全くしなければ筋力は衰えてしまうもの。元々女性は出産などで骨盤が開きやすい体質ですから、プラスアルファの要素が加われば簡単に歪んでしまいます。

筋力(主に腹筋)がなければ正しく体を動かすことができません。座っている時もお腹に力が入らずダラリとした姿勢をとったり、腰が反ったり、逆に腰が後ろへ行きすぎてしまったり……。このような毎日の積み重ねからどんどん骨盤が開いてしまうのです。

 

骨盤が開くとどうなる?

骨盤が開いた状態はデメリットだらけ!先ほど「正しい姿勢を保てない」と説明しましたが、となれば背中や腰に悪影響を及ぼすのです。慢性的な肩凝りや腰痛、首凝りに悩まされている場合は、骨盤が原因となっているかもしれませんよ。

また全身を支えている重要なパーツですから、上半身だけでなく下半身への影響も大きいです。脚がパンパンにむくみやすい、脚が曲がっている(極端なO脚やX脚)、お腹やお尻だけがボーンと出ている、前ももにお肉がつきやすい……などなど。こう挙げてみると悪いことしか起きていないですよね。

 

骨盤が開いていてまず良いことはありません。次回は開いてしまった骨盤を閉める方法などをご紹介致します。

 

TOP