株式会社B-plusロゴ

16時間断食ダイエットの効果と向いている人について

HOME > 16時間断食ダイエットの効果と向いている人について

16時間断食ダイエットの効果と向いている人について

美容マニアのたかなし亜妖です。全く食べ物を口にしない断食ではなく、限られた時間のみ行うのがプチ断食。その中でも注目されているのが16時間断食ダイエットです。16時間ファスティング、といった呼ばれ方もしていますね。毎回いつも食べすぎてしまう、胃腸が弱くもたれやすい方にはとてもオススメしたいダイエット法ですよ。

食べないダイエットは体にも悪いので、プチ断食と運動を並行しながら体重を落としていきましょう。

 

なぜ断食が体にいいのか

人は食事をしなければ生きていけませんが、かといって食べすぎも肥満や病気の原因となってしまいます。「一日三食」が一般的と思われている世の中ですが、実は必ずしも三回食べなくてはならないといったことはありません。むしろお腹が空いていないのに無理矢理食事を摂れば、内臓へのダメージ大!

内臓が傷つけば消化器官の働きも遅くなり、デトックス作用が薄れていくのです。これを繰り返せばむくみや体重の増加、そして様々な病気へ繋がっていくのだそう。だからこそ断食をして内臓を休めることが大切なのですね。

むくみやすい人や胃腸が元々弱い人(持たれやすい、空腹時に胃が痛くなりやすいなど)、腸内環境が良くない人はぜひ一度試してみて。大幅な改善がみられるかもしれません。

 

16時間断食ファスティングのやり方

やり方は至ってシンプル。1日24時間のうち、食べない時間を16時間作るだけです。つまり残りの8時間のうちに食事を澄ませてしまえばOKということ。ダイエット中なら揚げ物や甘いものは控えるべきですが、食べ過ぎない程度なら時間内に口にしても問題はありません。もしどうしても断食時間にお腹が空いたら、ナッツ類のみ食べてもいいことにはなっています。

ただし注意してほしいのは「飲み物は無糖のみ」という点!甘いジュースや砂糖たっぷりのラテは控えてください。ブラックコーヒーやノンシュガーのストレートティーなら大丈夫です。

 

3日程度続けるとむくみが取れていき、体が断食に慣れていきますよ。胃腸が軽いと眠りも深くなり、翌朝起きた時のスッキリ感が違います。ダイエットだけでなく健康面も気にしたい方はぜひチャレンジを!

TOP