株式会社B-plusロゴ

新型コロナウィルスは食生活で予防!免疫力アップで美容と健康効果も!免疫力向上食材とはPart①

HOME > 新型コロナウィルスは食生活で予防!免疫力アップで美容と健康効果も!免疫力向上食材とはPart①

新型コロナウィルスは食生活で予防!免疫力アップで美容と健康効果も!免疫力向上食材とはPart①

新型コロナウィルスには食事で免疫力をあげることが重要

身近に迫った新型コロナウイルスの脅威に、有効的な対抗手段を考えない日はないですよね。医師や専門家は、「体内の免疫力を上げることが重要」なのだそうです。

免疫力は20才をピークに低下し続けるというが、食事で回復、上昇させることができるのだそうです。何をどう食べればいいのかを検証していきます。

新型コロナウイルスから身を守るには免疫力を高めることが大切

今世間を震撼させている「新型コロナウィルス」は、先が見えず、感染ルートを追うことが困難になり、いつ、どこで感染するかわからない状況の新型コロナウイルス。さらなる感染拡大が危惧される中、どうすれば自分の身を守ることができるのか。

現時点では感染経路は、飛沫感染か接触感染が主とされています。つまり感染を防ぐには手洗いとうがいが欠かせないのです。

それ以外の効果的な対策として、自分自身の体内の免疫力を上げて、菌に触れても感染しない、感染する確率を下げることが重要です。

飛沫感染とは、せきやくしゃみなどでウイルスが空気中に飛散し、それを吸い込むことで感染することを言います。たとえば、くしゃみをすると約4000個、せきをすると約3000個の飛沫が飛び散るといわれています。接触感染とは、感染者と直接皮膚や粘膜が接したり、感染者が触った手すりやタオルなどを介して感染することを指します。

一度外出してしまえば、完全にウイルスをシャットアウトすることは不可能に近いのが現状です。そこで自分自身の「免疫力」を高めることが重要になります。

免疫力とは「疫(病気)」を免れる力のことで、外から侵入した細菌やウイルスを撃退したり、体内のがん細胞を退治したりするために、体に備わっている防衛システムのことを言います。

免疫力が高ければ、インフルエンザやかぜなどの感染症にかかりにくくなり、仮に感染しても症状が軽く済みます。新型コロナウイルスから身を守るためにも、免疫力を高めることが非常に大切なのです。

免疫力を上げる4つのポイント

では、新型コロナウイルスに負けないほど免疫力を上げるにはどうすればいいのか。専門家は次の4つのポイントを挙げています。

(1)腸内環境を整える

腸は免疫力の約7割を司っているといわれる最大の免疫器官です。それゆえ、腸内環境をよくすることは、免疫力アップに直接つながります。

(2)粘膜を正常に保つ

口の中の粘膜、鼻の中の粘膜、気管の粘膜、胃や腸の粘膜など、私たちの体と外界の接点になるのが粘膜です。粘膜を健康な状態に保っていないと、ウイルスや細菌が体内に簡単に侵入してきます。

(3)内臓温度を上げる

体内の内臓の温度である”内臓温度”が1℃下がると、免疫力が30%下がるといわれています。体を内側から温めることが免疫力アップにつながります。

(4)血流を促進する

血流の中には免疫機能を持つ白血球が存在し、白血球が体の中をめぐることで体内の異物を取り除いてくれます。

血流が悪くなると、酸素と栄養が細胞に行き渡りにくくなることも、免疫力低下につながります。この4つを改善するには食事を見直すことがいちばん効果的だといいます。

具体的にどんなものを食べれば免疫力を上げることができるのか。医師や管理栄養士などの専門家である「新型コロナウイルスに負けない」食品ランキングを検証していきましょう。

「免疫力を上げる」食品ランキング

医師が挙げる「免疫力を上げる」食品と飲み物をまとめたランキングを見ていきましょう。これらの免疫力をあげるランキングは、新型コロナウィルスだけでなく、風邪やインフルエンザなどの病気や、普段の病気にかからない健康維持のためにもとても役に立ちます。

【1位】ヨーグルト

体内の「免疫力を上げる食品」ランキングで堂々1位に輝いたのは、ヨーグルトでした。

「オリゴ糖や、キウイ、バナナなどの食物繊維が豊富な果物と食べると、善玉菌を増やしてくれます」(管理栄養士)

「ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は人に有益な作用をもたらす微生物(善玉菌)で、腸内環境を整え、免疫力を高めてくれます」(医学博士で食品医学研究所所長)

体内の腸内細菌には、大きく「善玉菌」「悪玉菌」、そのどちらか多い方に加勢する「日和見(ひよりみ)菌」の3種類があります。

ヨーグルトを食べることは腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことにつながります。さらに、食べ方を工夫すれば、その効果はグンとアップするので食べ方も工夫も重要です。

「オリゴ糖や食物繊維と一緒に摂ると、それらが乳酸菌の餌になり、善玉菌を増やしてくれます。ヨーグルトは10℃以下だと菌の働きが弱まるので、レンジで30秒ほどあたため、人肌程度の30~40℃にして食べるとより効果的です」

ただし、加熱しすぎると菌を殺してしまうので注意が必要です。また、ヨーグルトにはさまざまな種類があり、どれでもいいというわけではないのも知っておく必要があります。

人によって効果のある菌が違います。理想は同じヨーグルトを毎日2週間ほど続けて食べてみて、お腹や肌の調子がよくなってきたら、それが自分に合ったヨーグルトです。

TOP
×